アスタキサンチンで薄毛改善!一番豊富に含まれている食材とは?

薄毛を改善しようといろんなものに挑戦してから1年が経過する事になりました!
まだまだ髪が増えるにはいたっていない訳ですが、

最近、アスタキサンチンが薄毛にいいらしいという情報をゲットしたので勉強していきたいと思います!

アスタキサンチンには高い抗酸化力があり、その抗酸化力によって、活性酸素を取り除き、老化を防いでくれる効果があります!
ようするに、髪が弱くなったり、頭皮が老化したりする事も防いでくれるらしいのですが

アスタキサンチンには胃や腸の知覚神経を刺激する働きがあるらしく
その刺激によってIGF-1という物質が増加するのですが
このIGF-1が毛母細胞に働きかけて細胞分裂を促すため、育毛効果を発揮するという事なのです!

ちなみにIGF-1が増えれば育毛効果があるだけでなくアンチエイジング効果や成長ホルモン同様に
体を若々しく保つ上で重要な働きをしてくれるのです!

薄毛の人でも毛母細胞が生きていれば、再び髪が生えてくる可能性があるので
アスタキサンチンを摂取する事で、毛母細胞を活性化する事が出来き育毛効果が期待できるという事なんですね!

アスタキサンチンが含まれる食材

アスタキサンチンも人の体内では合成することが出来ない成分なので
食品などから摂取する必要があります。

どのような食材にアスタキサンチンが多く含まれているのでしょうか。

アスタキサンチンは、海のカロテノイドとも呼ばれる赤色の天然色素で
カニやエビなどの甲殻類に含まれている事が知られています!

またサケやイクラ、真鯛などにも多く含まれていて、カニやエビのアスタキサンチンは、
生きている時はタンパク質と結びついているために赤い色をしていないこともありますが、
加熱するとタンパク質と離れて赤色に変わります。

赤色の天然色素なので赤い魚にアスタキサンチンが含まれていると思うかもしれませんが
実はマグロの赤身などには含まれていないのです!

ちなみに見分けかたですが、加熱した時に赤い色になるかどうかが目安になり
養殖のサケにはなんとアスタキサンチン入りのエサを与えて、身に適度な赤色を付けているみたいです!

アスタキサンチンの含有量

アスタキサンチンがふくまれている主な食材の100gあたりの含有量ですが

桜エビ…7.0㎎、オキアミ…3.0~4.0㎎、紅サケ…2.5~3.7㎎、いくら…2.5~3.0㎎、金目鯛…2.0~3.0㎎、毛ガニ…1.1㎎

一日の摂取目安量である6㎎を考えると桜エビが最適です!

ちなみにアスタキサンチンがたくさん含まれていると評判のアスタブライトを購入したいと思います!
結果が出たらまた報告してみますね!

 

⇒アスタブライトの公式サイトはこちら